WEB予約ENTER

無料カウンセリング実施中

MENU
無料カウンセリング

手、顔、頭、カラダの
汗止め注射

Treatment

汗止め注射はエクリン腺からの汗の分泌を抑えます。従って、汗をかく部位に注射することで、エクリン腺から汗を抑えることができます。

また、麻酔クリームを事前に20分ほど塗っていただくことで、痛みをしっかり抑える準備をします。治療自体は約10分ほどで終わります。

持続期間は人により異なりますが、1回の施術で効果が4か月間~6ヶ月程度持続します。

  • 注入後は日常生活に支障はありません。
  • 効果は約2日後から徐々に現れてきます。

こんな方にオススメです

  • 手のひらからの汗がとまらず、書類が濡れてしまう方
  • 手のひらからの汗で、握手が苦手で困っている方
  • スポーツをする際に、手の汗ですべってしまい競技がうまくできない方
  • 頭からすぐに汗をかき、髪が濡れてしまう方
  • 顔やおでこ、くびからの汗が多くハンカチが手放せない方
  • 胸や背中から汗をたくさんかくため、服がすぐ濡れてしまう方
  • 様々な部位に対して可能ですのでご相談kください

治療について

施術時間 約20分
痛み 注射時の痛みを減らすために、麻酔クリームをぬります。
ダウンタイム なし
効果の持続 約4~6ヶ月間
シャワー 当日から可能です

料金

両手 6万円(税抜・麻酔クリーム代込み)
おでこのみ 8千円〜(税抜)
おでこと頭 2万円〜(税抜)
2万円〜(税抜)
背中 2万円〜(税抜)

使用する薬剤の必要量により変わりますので、カウンセリング時にご相談ください。
※初診料・カウンセリング料・再診料は無料です。
※表示価格はすべて税抜きです。

よくあるご質問

汗を抑えることで他の正常だった部位の汗が増えて困ることはありますか?
起こりません。汗止め注射では、手術療法(交換神経遮断術)で生じるような代償性の発汗は生じません。
汗止め注射による副作用はありますか?
カウンセリングで注射の効果や注意点をご説明しますが、人体に無害な量を使用するため副作用が起こるということは考えにくいです。
汗止め注射では体の他の部位の汗もとめられますか?
ワキや手のほかに、顔や頭、胸などそれぞれの部位に注射っすれば同じく発汗を止めることができます。
汗止め注射投与後の注意点は?
当日の長時間の入浴や激しい運動のみ控えてください。翌日からは制限はありません。
子供でも治療できますか?
多汗症に対する小児への安全性データは確立していません。ただし、同様の薬剤は小児の脳性まひ患者様や斜視患者様に対して問題なく使用されているため、小児へ使用すること自体に危険性はほとんどないと思われます。詳細はご相談ください。
汗止め注射を投与してから効果が現れるまでの日数は?
個人差がありますが、通常は注射後2-3日間で効果が現れ、1-2週程度で安定します。効果の持続期間はだいたい4-9ヶ月です。
治療は何度でもくり返すことができますか?
4ヶ月経過すれば、次の投与が可能です。
痛みはありますか?
表面麻酔後に極細の針を使用しますので、わずかにチクリと感じるか感じない程度です。
pagetop