WEB予約ENTER

無料カウンセリング実施中

MENU
無料カウンセリング

足やカラダのニオイ

Medical

びっくりするくらいの足のニオイの原因は?

あしの拡大写真

皮膚疾患のなかには足の臭いを変化させるものがあります。
そういった皮膚疾患を放置すると、思いがけずびっくりするほど足から異臭がすることも。そのようなときに、どんな菌が悪さをしているか?実は、皮膚の状態を見ただけでわかることもあります。視診でわからない場合は、顕微鏡での検査や、綿棒で皮膚をこすり細菌培養検査をおこないます。

足が臭くなるいくつかの皮膚疾患

点状角質融解症(Pitted keratolysis)

足がとても臭くて困っていると相談しに来る方に多い状態です。コリネバクテリウムという特殊な細菌が足裏に住むことにより、びっくりするほどの匂いがします。足裏の皮膚が点状に虫食いのように溶けるのが特徴で、ルーペで観察すると診断がつきます。診断がつけば、適切な抗生物質を用い治療することが可能です。

足白線(みずむし)

水虫も放置すると、足から特有の匂いがします。診断は顕微鏡の検査で数分でわかります。外用薬のみでも治療可能ですが、爪にも病変がある場合は飲み薬を併用して治療を行います。いずれも保険適応で治療が可能です。

体のニオイ

体のニオイにはアポクリン腺からの脂肪酸による匂いや、加齢による脂肪酸の匂い等様々なものがあります。ご心配されている内容について相談いただき、必要な検査や治療についてご案内します。バクテリアが原因となっている状態であれば、皮膚細菌叢を調べて、善玉菌に置き換える治療も行なっております。

「足や体のニオイ」の特別な治療法

バクテリア治療

匂いの原因となる足や体に住む細菌(バクテリア)を調べ、善玉菌に置き換える新しい治療です

詳細は診察時にご説明します。お気軽にご来院ください。

pagetop